スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[G1#9-2] タルさんのお師匠さま

同じドルイドってことで、マウラスさんのお話をタルさんに伺いにきました。
はたして・・・

うあ!ビンゴだ!なんと、タルさんのお師匠様だったんですね!

え?
お師匠様?マウラスさんが?
じゃ、ご本人なの?この本の著者って・・・

う・・・

・・・・・・・


もー (~~;
いやだなぁ~
そういうふうに聞かれちゃったら・・・ねぇ?w
悪戯心がうずいちゃうじゃないかぁ~~~(^^ゞ
当然、「いやです」w

(^^ゞ
あははは、はいはい。
そうね。今回は、更新も滞ってSS貯まってるし、まぁこのくらいで勘弁してあげるわ♪
いつも愚痴聞いてもらってるしね♪


ふーむ。
まあ、弟子のタルさんが言うんだから、きっとそうなんだろうけど・・・
でも、なんで~?
英雄さんなのに~?
自分の身を呈してまで、人間を救った英雄さんが、なんで魔族を手伝うの~?
ふーむ。ますますわかんなくなっちゃったよ~。

ほむほむ。
エヴァンさんとこね?
そういえば、預けっぱなしのベレー帽があったっけ・・・
あ、いや、私のアイテムはこの際どうでもいいか。
マウラスさんの落し物を探すのね?
らじゃっ!
さっそく行っちきますっ!

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。