スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートレンジの功罪

まず、雑談です。

今日は加齢によるAP取得の日。
アントレインしても次のランクには足りないかしら?
頑張ってレベルを上げれば足りるかな~?
レンジのトレーニングが進んでるので、できればパーフェクトにしてランクアップしてから転生したいんですよね~。
転生するときって、トレーニング途中のスキルってどうなっちゃうんだろう?
トレーニングした分は引き継いでくれるのかしら?

転生は水曜日のつもりなので、最悪引き継いでくれないとしたら、それまでにレベルアップを繰り返してAPを貯めなくては!


で、本題(笑)。

ちょっと前までは、ダンジョンのように狭い場所では、ロングボウは釣り目的なら使い出があるけど、メインで使うならショートボウがベストかなぁ・・・と思っていました。

でも、最近は、実はロングボウがベストチョイスであ?と思い始めています。
まぁ、使い方にもよるんでしょうけど。

まず、弓のそれぞれの特徴というかメリットを整理。
ショートボウ・・・照準が早い
コンポジットボウ・・・高クリティカル
ロングボウ・・・長いレンジ

で、ダンジョンのように狭い場所では、とにかく照準が早くないと・・・つまり、ショートがベストと思っていたんです。
でも、この「早い照準」にはがあります。

弓の特性や戦術を考えつつ解説しませふ(笑)。

まず弓の特性から。
弓の最大の弱点は、不確実なHIT特性です。(T_T)
どんなに頑張っても99%の照準までしか持っていけません。
魔法のように100%確実にHITしてくれないんです。
さらに、近寄ってくる敵に対しては、80%が上限です。(゚Д゚;)

つまり、どんなに早く照準しようが、相手が近寄ってくる場合には外してしまう確率が高いんです。
HIT確率を上げるには、相手がダウンしているか、防御かカウンタ待ちしていて、99%まで照準するしかありません。

次に、弓メインで考えた場合の戦術ですが、単にレンジアタックだけやマグナムだけで倒せる・・・接近しなくてよい場合・・・木ハメとか・・・の状況っていうのは、そんなに多くありません。
大抵は、相手がアタックやスマッシュにきてしまい、連射が間に合わずに、カウンタに切り替える必要がでてきます。
ということは、メインの戦術はやはり、魔法カウンタのように、相手をけん制しつつ、カウンタに持ち込むという形になります。
ダンジョンでは適当な「引っ掛けるもの」がないので、必然的にこうなっちゃいますよね。
また、引っ掛けないで、普通にレンジやマグナムだけで対応する場合で考えると、次の照準時間を稼ぐには、相手がダウンしてくれた方が都合がいいのは言うまでもありません。

で、そうなるとですね、最大の問題は、カウンタなどで吹き飛んだ相手がダウンから復帰するまでに、どうやって99%まで照準を持っていくか。ということになるわけです。
最大のファクターはやはり照準速度・・・つまりレンジランクなんですが、照準速度には距離のファクターもあるんです。
これが大きなです。

単純に考えると、ショートボウの高速な照準がベストチョイスのように思えます。
ところが、ショートボウは照準が早いかわりに射程が短いんですね~。

ショートボウの射程だと、カウンタで吹き飛ばした相手に照準する場合、射程ぎりぎりになっちゃうんです。
更に、マグナムや素のレンジでクリティカルが乗っちゃったりして跳んだ場合、レンジアウトしちゃったりします。
若干射程の長いコンポジでも同様の傾向があります。

レンジアウトしちゃった場合は論外ですけど、レンジぎりぎりでも問題があります。
弓の照準速度は、相手までの距離で変動するんです。
すぐ近くの相手にはあっという間に照準できますけど、相手が遠くだと照準に時間がかかります。さらに、照準が80%を超えるあたりから、速度ががくんと落ちてきます。この速度低下も、短距離より長距離の方が顕著です。
ですから、早く照準を完了するには、相手が射程内のある程度近くにいる必要があるんです。

ショートのレンジで相手が射程ぎりぎりにいると、99%まで照準しようとしたときに、遅くなっている照準速度+80%後の速度低下が響いて、結局かなり待たされてしまい、相手がダウンから復帰して、アタックやスマッシュに入り、最大80%の照準しか得られなくなってしまいます。

ところが、ロングボウだと、この状況が改善します。
カウンタで吹き飛んだ相手も、確実にレンジ内です。
今現在のわたしのレンジラックBでも、だいたい80%くらいまではダウン中に照準できます。
これが、数字ランクになると、99%まで持っていけるらしいです。
起き上がり中にHITさせてしまって、モーションキャンセル&突進を食らうという危険性はありますけど、80%で外すよりはよっぽど確実です。

こうなると、不確実なショートボウよりも、高確率で追撃できるロングボウの方が断然有利です。
運悪く外してしまっても、ロングボウのレンジでなら、そこからカウンタに入っても間に合う確率が高いので、その面でも安心感があります。


そんなこんなで、ここんとこはロングボウばかり持ち歩いています。

実は、ショートボウでも、改造でレンジを伸ばすことができるらしいんですけど、熟練がそんなに簡単には伸びないので、試すのはまだまだ先になりそうです。
レンジの伸びたショートボウは、きっと最強なんでしょうね~。
いつか使ってみたいです。



あ~、最後にちょっとだけ。
この記事を読んで、「おぉ!?弓最強じゃん?」とか思ったあなた!
騙されてはいけません(笑)。
繰り返しますけど、弓は魔法や近接系とちがって、100%確実にHITするわけではありません。
また、殲滅速度も、2hsでなぎ払うような近接系には全く勝てません。
さらに、レンジを筆頭に、弓系のスキルが要求するAP量は、近接や魔法の約倍というもあります。
弓は、趣味なんですよ。趣味。(爆)

はぁ~。
そんな私に付き合ってくれてるギルメンのみなさま~。
ホントありがとうございます~!!
これからもよろしくです!




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。