スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倉庫さんのお話し

待ちに待ったお休みに突入してゲーム三昧なポルナですっ><;

みなさんいかがお過ごしですかー?w

 

さて、ルナティアのCBTが始まって、ここ数日のメインはそっちな雰囲気120%ですけども、ちゃんとマビもやってますよー?w

でも、メインのポルにゃんよりも、倉庫さんのほうが活躍してるみたいです…。

 

今日は、そんな倉庫さんたちの活躍をちょっとだけご紹介しましょう。

 

はじまりはじまり~♪(*^^*)

 

 

お話は、のどかなティルコネイルから始まります。

サンタさんはもう居ないのにw

うちのエルフさんも、なんだかんだ言って既に4人もいるのですが、アシキャラのチルポりん以外の3姉妹…。

ポルピ、ラルピ、チルピは、さすがに姉妹だけあって見た目がクリソツな彼女たちですが…

本日、次女のラルピちゃんは、ラルにゃんのお使いで、初めてウルラ大陸に…。

ていうか、そもそもフィリアを出るのは初めてです!><;

 

 

 

彼女は、いつもはフィリアでヒーラーバイトだの聖堂バイトだの、ちょっとしたお手伝いを担当しています。

ですから、スキルも休憩くらいしか持っていなかったのです。

お使いで海の向こうの大陸までお出かけすることになったラルピちゃん。

カスタネアちゃま以下新人さん育成コースのみなちゃま(爆)にスパルタしてもらって基本的なスキルを習得させてもらいました♪

 

遠路はるばる到着したティルコでは、学校のラサ先生にお願いして、アイスボルトを習いました!

本人は、なにやらやる気満々です!w

 

ラルピ「><b」

 

メモリアルタワーで記憶を共有しているエルフさんたちですが、さすがにスキル…熟練を要する技能までは、共有することはできません。

知識としてはなんとなく知っていても、やっぱりホントに身体を動かして使ってみようと思うと、うまく行かないのです。

 

さて…。

慣れないスキルの数々を携えて、彼女が向かったところはアルビダンジョン。

 

どうやら、ラルにゃんのエンチャントのトレーニングで使う、エンチャントスクロールを集めるお使いをいいつかった見たいです。

 

無料転生できるようになって、転生させてもらったとは言え、まだまだ累積も微々たるものなので、アルビダンジョンだってビクビクモードです><w

それでも、いつもポルにゃんだとかラルにゃんたちにあちこちと連れ回されてひどい目に遭っている場慣れしているペット達が助けてくれるので、サクサクと周回を重ねていきます♪

 

と…

何度か周回するうちに、クモさんが見慣れないものを落としました…。

 

ラルピ「??」

 

それは、下級ダンジョンの通行証でした。

いつも、お姉さんのポルピちゃんに、「モノを粗末にしちゃいけませんっ!w」とか躾けられているラルピちゃん。
#wwww

 

ラルピ「!」

 

どうやら下級ダンジョンに挑戦するつもりのようです!
#ぇーw

うーむw…大丈夫なのかしらん?w

 

「危ないことはしちゃいけませんっ!w」とも言われているのですが、ペット達が助けてくれるもんだから、気が大きくなっているのでしょうか?^^;
#www

 

かくして、初めての下級ダンジョンに踏み込んだラルピちゃん!

通常ダンジョンには居なかった、見たこともないモンスターさんたちの歓迎をうけてびくびくしながらも、奥を目指します…。

 

部屋が多いな~?まだ奥があるのかなー?などと、ちょっと弱気になってきたところで…

 

初めてのハーブ採取♪

通常ダンジョンでは見ることがなかった、ハーブ部屋を発見!

ラルにゃんの「いぁー、青いハーブがたぁ~~~~くさんっ!いるのよーw」などという話を小耳に挟んでいたので、これは持ち帰らねばなるまいっ!w 的な発想なのか、いそいそと抜きにかかりました!

しかし…w

なんせ、急場の特訓で数えるほどのスキルしか身につけてない彼女ですw

もちろん薬草学なんて存在さえ知りません><w

 

ラルピ「・・・・・><;!?」

 

抜けないものは抜けません!w
#デスヨネーーーーw

なんども休憩しながら、擦り傷だらけになってしまった手をさすりつつ、がむばった結果!なんとか5本のハーブを抜くことに成功!><;
#おぉ!w

えらい!w
よくがむばった!w

 

ラルピ「><w」

 

思わぬところでハーブを手に入れたラルピちゃん。

普段見ない、黒いクモさんだの、うっかりすると手痛い反撃を繰り出してくる大きなコウモリさんさんたちと格闘しつつ、先に進みます。

すると…

 

2Fがあることにびっくりなラルピちゃん

いつものでっかい赤クモさんがいる部屋を通って、宝箱のあるラストの部屋が待っているものとばかり思っていた彼女の前に、2Fへの階段が現れました。

 

ラルピ「Σ?(゚Д゚;≡;゚д゚) !?」

 

ん~w
#wwwww

下級はそうなってるのよー?w
#がむばーっwww

 

ラルピ「・・・。」

 

長い戦いと探索で、お気に入りの剣もかなり削れてきました。

もう諦めて戻ろうかしらん?などと弱気モードが炸裂ちぅなご様子w

はたして、BOSS部屋までたどり着くことができるのでしょうか?><w

 

 

かくして…

 

超強敵!アノ紅いヤツが現れた!w

彼女が想像もしていなかった強敵とご対面です!!www

 

ラルピ「?(゚Д゚;≡;゚д゚) ガクブル」

 

もうねぇ…><w

なんていうか、痛々しくて…><;

 

ちゃんと改造してあるカイトシールドを持たせて貰っていましたが、それでもやっぱりアイツはちょっと手に負えません><;

だって、カイトでディフェンスしてても、貫通で一気にHPがゼロになって吹っ飛ばされちゃう始末なのです。

 

エルフさんだから両手剣で1打カウンタ!ってワケにもいかないですし…。

頼みの綱だった幅広ナイフもあっというまに削れてしまいました><;w

なんせ、STRとかなにそれ美味しいの?みたいな娘ですから…

時間がかかるかかる!><;

 

それでも…

何度も女神像からマラソンするうちに、なにやら名案がひらめいたようです…。

 

ラルピ「(・_・)!」

 

ごそごそと荷物の中から取りだしたのは、キャンプファイアキット!

 

そうです。

火矢マグからカウンタにつなげて、クモさんがふっとんだアトは、たき火の後ろに隠れる作戦です!

あったまいぃ~!w

 

ラサ先生から教えてもらったのはアイスボルトだけなので、彼女が持っているスキルで相手を吹っ飛ばせるのはマグナムショットだけです。

マグナムから死んだフリという手もあるのですが、それだと火力の乏しい彼女では、攻略にいったい何時間かかることやら…。

そして、ディフェンスが使い物にならないこの状況では、防御はカウンタに頼るしかありません。

問題は、カウンタの後、ディフェンスするワケにはいかないトコロ。

そこで、たき火の後ろに逃げ込んで、体勢を整えようって訳なのですです!

 

とっさに思いついたこの作戦は大当たりっ!(≧∀≦)b

 

何度か隠れそこなって吹っ飛ばされてしまった(汗)ものの、マグナムとカウンタで徐々にクモさんのライフを削り…

最後は我らが3馬鹿トリオ…もといw、3頭の頼りになるお馬さんたちに手伝ってもらって、なんとか撃破することに成功!w

 

長い戦いにも幕が降りました。

 

擦り傷だらけになってたどり着いた女神像の横に、期待に瞳を輝かせた彼女が佇んでいます。

 

これだけ苦労してたどり着いたお宝です!

通常のダンジョンでも太低1つはエンチャントスクロールが入っていたのですから、きっとこの箱のなかには抱えきれないほどのスクロールが入っているはずです!w
#ええええええw

 

途中で抜いてきた青いハーブもあります!

きっとラルにゃんは大喜びしてくれるはず!
#まてまてまてww

 

ラルピ「パカっっ!・・・・・・?」

 

箱から出てきたのは・・・・・・なにやら傷物っぽい短剣でした。

#なむぃwwwww

 

ラルピ「…!?」

 

ん~w

まぁ、そのダンジョンは、そういうトコロなのよー><w

中級チケ目当てで行くこともあるけど、あんまりいいものでないのよね~><w

せめて「細心な」短剣ならよかったのにねぇ^^;

もしくは、魔法の銀の糸とか、休憩の本も当たりかなぁ?w

 

ラルピ「・・・。」

 

あはははは><w

ま~、アレだ!w

初めての下級ダンジョンにしちゃ、大健闘だったし、胸張って帰ってらっしゃい!

マナハーブはあるんだし、ラルにゃんだって喜んでくれるよ!

ね?w

 

ラルピ「><w」

 

そいえば、ポルピお姉ちゃんだって、下級なんていったことないんだぞー?w

雪国で川に開いた穴に落ちたことならあるけどwwwぽっちゃん!てww

 

ラルピ「Σ(゚д゚)」

 

帰ったら自慢しちゃいな!w

 

ラルピ「(≧∀≦)b」

 

気をつけて帰ってくるのよー?w
寄り道しちゃだめよー?w

 

ラルピ「><w」

 

 

こうして、波乱に満ちた倉庫さんの一日が過ぎてゆきます…。

 

ポルにゃんみたいに、エリンを背負った大冒険というわけにはいきませんけど、それでも、ハラハラどきどき!笑いに満ちた大活躍が日々、待っているのです。

 

そんな彼女たちを街角で見かけたら、声をかけて、応援してあげてください。

きっととっても喜ぶはずですから!(*^^*)

 

おしまい♪

スポンサーサイト
コメント

うわぁ・・

楽しそうなお話しです。

これこれ。これですよ。

こういうお話を書きたいがために、キャラクター数がたくさんいるのですよ。私には…
(信じてもらえないでしょうけど)

作者?である私でも手に負えない数になってるマビの子達ですけど、いつかはきっと…。

その前に発表の場がないんですけどね?(^^;;

また楽しそうなお話しお願いしますね。

きっと寄り道しますね?彼女(ラルピちゃん)は…

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。