スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーみゅ…課金がw

課金が切れちゃいそうなんだけど、共倒れに近い今の状況で、どこを維持するか思案ちぅのポルにゃんですっ><;
もったいないオバケでちゃうよっっwwww

ここんとこ、またなんか忙しくて、なかなかまともにINできてません。(哀)
なんとかバイト回数は維持してるっぽいんですけど、あ、でも今晩は更新しないとだなぁ…。

半生っていうか放置に近いFFですが、ジジさが遊びに来てくださったので、新たに赤魔道士さんを育てることに。
レベル7くらいまで育ちました♪
二人でサルタバルタで狩りしてたんですけど、なんか、サルタバルタで雑魚さん相手にしてるうちは、一人でやったほうがEXPが美味しくて上がるの早いかも??
二人だと1匹で10とか20なんですけど、ソロでやると30~40とか入る気がする。
あーでも、二人でやればチェインボーナスとかつくのかな?
そんなに密集して固定沸きしてくれるとこあるかなぁ?
まだ、街からすぐ近くの辺りでやってる…あまり遠くまでいくと返り討ちにあうコトがw…ので、微妙ですよねぇ?

実は、メインでやってたシーフさんは、まだLv16くらいで、サポートジョブがつけられないんですよね。
Lv18になったら、なんかクエかなんかこなして使えるようになるみたいです。
戦士さんもLv15くらいだった気がします。
シーフさんにしろ戦士さんにしろ、まだブブリムは無理で、タロンギで兎さんとか相手にチマチマとソロる感じなので、どうも単調になってしまって飽きがきます><;
いつだかピカチュウに手を出したら思いっきりリンクして、3匹でフルボッコにされました。(爆)
ピカチュウ結構好きなんだけなぁーw上手に釣る方法ないかしらん?(^^ゞ

赤魔道士さんの魔法は、まだディアとケアルしかないので、魔法でガンガン!って感じにはほど遠く…なんかいつもとおなんじ感じで…むぅw思ったより新鮮味がないかも?^^;
んでも、ケアル使えるから、ジジさと二人でやれば、ジジさ戦士さんだから、いい感じなのかしらん?
どういうワケか、戦士のジジさより赤魔道士のチルにゃんのがダメが高い感じを醸し出していたりで、ジジさ曰く「なんか間違ってるwww」とかなんとか。あはははははwなんでだろうねぇ?やっぱ戦闘スキルがある程度育ってるからかな?使っていたのは片手剣だったと思うんですけど、戦士さんである程度は育ってましたからねぇ。
でも、最初はWSが使えないってコトに気がつかなくて、マクロ入れて「あれ?なんで発動しないんだ??」なんて思ってました。(^^ゞ

今週末は、新しい楽器を試すつもりなので、FFはまた放置かなぁ?(^^ゞ
忙しそうですっ><w


スポンサーサイト
コメント

No title

アシドさんのおっしゃるとおりです。

レベル30アタリからどの職業も楽しくなってきます。

もっとも、レベル20前後辺りからソロがきつくなってきますので、かならずPTを組まないとまずレベルが上がらなくなってきます。

もっとも、竜騎士と、獣使いは別ですけどね。
(盾が居るので、ソロでもラクになります)

低レベル帯は、拡張ジョブとかでも、ほぼかわらないです。

シーフなのに戦士のようにたかったり、
アシドさんもおっしゃってますけど、成長しても、黒魔法使い>ほぼダメージを与える魔法使い
白魔法使い>回復、補助系(一部ダメージ魔法もありますけど)
赤魔法使い>弱体、スリップダメージ魔法系がメイン
青魔法使い>使ってないのでわかりませんけど、聞いてる限りではラーニングメインって感じですよね。

ちなみに、課金を切るなら、マビですけど・・・・
どれだけ長い間課金切っても一応は楽しめますから・・・・ただ、カバンとか使えなくなりますけど。

FF11は課金切ると、プレーできない上、長い間切ってるとキャラクターが消えますから・・・・

まだ最大ジョブのレベルが20以下なら、消えても痛いとは思いませんけど・・・・

でも、それは人それぞれなので、なんともいえませんけど・・・

FF11は面白いのですけど、レベルが上がるにつれ、気楽にPT組んで気楽に終われなくなってくるのだけが、痛手です。

この前ご一緒したような、さらっと組んで、さらっと別れて、はレベル40前後辺りから上だときつくなってきます。
それがなければ、もっとガンガンやっているのですけど・・・・^^;;;

No title

赤は成長しても基本的に弱体メインですよ。
黒でも精霊魔法の強さ感じれるのが、30前後からでしたねえ。
低レベ帯はぶっちゃけどの職も大差ないかもw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。