スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館の幽霊 [後編]

さてさて…
クマさん騒動も治まって、また午前0時が近づいてきました。

実は、ちょっと暇つぶしのつもりが、いつの間にか本気になっちゃって、幽霊さんのこと忘れて遅刻というパターンを何回か繰り返し…
(^^ゞ

いい加減まずいと思って、学校の脇に座ってじっくり待つことに…






















Σ(@っ@ノ)ノ

しまたっ

寝落ちてたっ(爆)




#あややっw




しまった~ (つд`)
何時よ~?

げげ、もうこんな時間か~。
誰かいるかな~?


お!
Roo さはけーん!w
こんこん~♪



なんでも明日はお休みで、それでこんな深夜だか早朝だかって時間でもいらっしゃるとか。
なんてらっきー♪♪w


ぢゃあ、ぢゃあ、ちょっとお願いしてもいいかなっ?
って感じで拉致成功♪w
(^^ゞ





今度は Roo さんにPT羽を使ってもらう算段です。
うむ。
完璧っ♪
#それはもうわかったっw






では、お待ちかねっ!
幽霊さんとご対面です~~~っ
ひゅーひゅー!
#ひゅーひゅーってあなた…(^^;



図書館の幽霊09


こんどは、Rooさの愛犬、ルーワンちゃんもお見送りですっ
ありり~♪

んぢゃ、いっちきま~~~っ (>_<)ゞ

図書館の幽霊10


一歩、図書館に足を踏み入れると…

え?

く、暗いっっ!?

図書館の幽霊11


そろりそろりと辺りの様子を伺って…



「しーん・・・」



ぎしっ ぎしっ

歩くにつれて床が鳴ります。




どきどき…

図書館の幽霊12


さすがにこの時間だと、暗いのね・・・

ちょっぴり怖いかも…(^^ゞ
#なんだ、やっぱり怖いんぢゃんw


ぎしっ


でも・・・
幽霊さんなんて・・・
#ん?


図書館の幽霊13


「しーん」

い、いないっぽいよねっ
#うん・・・・



ぢゃあ、そういうことでっ
これにて終了でいいかなっ (^^ゞ
(じつはかなり怖いw)
#え~~~っ!?w





と、そのとき・・・
誰も居ないはずの背後に・・・

図書館の幽霊14



#ぐげっ!?
#ぽ、ポルナっち~~~~っ!
#う、うし・・・後ろ~~~~っ!

ん?





















図書館の幽霊15


ひっ!

ひぐっ?

Σ(@っ@ノ)ノ
はうあっっっ!?

図書館の幽霊16



で、

でた~~~~~~~っっ





ごつんっっ!

あいたっ!?


図書館の幽霊17


ひ~~~っ

た、タゲられてるっ!?


って、暗くて見えないっ!


ごつんっ!

こ、これなに?
机???



なんてアタフタしてるうちに・・・

図書館の幽霊18


え゛っw

こ、このマークわっっ!w

図書館の幽霊19



ちーん♪

へいおまちっ

黒マグロ一丁♪





ぐはっっw

も、ものの数秒でっw

もうマグロだっw





Roo さんがギル茶で様子を聞いてきます。
「余裕ない?w」

あははは、ありまくりですよっ
もう死んでますからっw

図書館の幽霊20


落ち着いて、辺りの様子を見回します。

こ、こんなにたくさんいるのかっ!

こ、これ全部、強敵なの?

さっきやられたのは・・・

カーソル当たってるから、アレだ。

クローカーさんか・・・



うーんと・・・

あ、「幽霊タイトル」は取れてるぞっw



おっけ~~~~いっ


(≧∀≦)b




落ち着いたところで、Roo さんに PT 羽を使ってもらおうとすると…

え?
使えないの?



どうやら、PT羽では蘇生できないらしいんです。
試しに、図書館の中に入ってもらってもダメでした。
※時間が過ぎてるので、「普通の図書館」ですけどね


しかたないや。
これはこの場で復活するしか…

まあ、最初から、何回かはそうなるだろうとは思ってたしね。
(^^ゞ


ふーむ。
でだ・・・

次は超越だなっ

超越は、たしか幽霊さんて話だったから・・・







って、みんな幽霊ぽいんですけどっw

やっぱ透明な感じのゴーストさんでしょうか?



それにしても、ココは位置取りがマズすぎます。
確かに端っこですけど、さっきの感じだと、かなり遠くからタゲられるみたい。

こ、ここに居たら、
またすぐ死んぢゃうっっ (^^;

図書館の幽霊21


と、とりあえず移動だっ!

ひーーーーーんっw

図書館の幽霊22


脱兎のごとく、
暗がりのなかでなんとか机の隙間を見つけて
駆け込みます。


図書館の幽霊23


ごつんっっ!

あいたっ!?

図書館の幽霊24


またしても、壁に激突っ (^^ゞ


暗すぎだよここっ
見えないっ (>_<)





幽霊さんたちの様子を伺いながら、
うろちょろしていると・・・

図書館の幽霊25


げげげっ
Σ(@っ@ノ)ノ
あんな遠くからタゲられてるっっw

マジですかっ
カンベンして~~~っw

位置は大体こんな感じ。

図書館の幽霊26


どうしようか迷っているうちに、
タゲを貰ったクローカーさんが・・・


ふわふわふわ・・・

図書館の幽霊27


しかも、ライトニングボルトをキャストしてる様子。

ま、まずいっ
いま食らったら、持たないっw

図書館の幽霊28


すてててててっ
ひーんっ
ごめんなさい~~~っ
(>_<)

もう着ませんから~~~っ


こ、こっちはダメだっ!

あっち側に強行突破するしかないっっ!




なむさーーーーーーーんっ


図書館の幽霊29


ひ~~~~~っ

こ、こあい~~~~っ





と、背後からしっかりと・・・


ふわふわふわ・・・

図書館の幽霊30

図書館の幽霊31


ふ、復活っっっ

#ああああっw
#そんな何回もその場で復活したらっっw
#EXPがっw

だって~~~っ
わたしだって死にたくないっw
#(^^ゞ

図書館の幽霊32


まるで、逃げる姫を追い詰める悪役よろしく
クローカーさんがついてきます。



こないで~~~~~っっっ
(>_<)

図書館の幽霊33

図書館の幽霊34



もう、大パニックです。
(^^ゞ




なんとか振り切ったみたいで、例のクローカーさんはもう追ってきません。


ひーん。
こ、これぢゃあ、もう動けないよ~~~っ



















と、お楽しみのところ申し訳ありませんが、
SS はここまでですっ
#へっ!?w

またのご来店を・・・・
#こらこらこらこらっっw





(^^ゞ

だって~っw
ディスクが厳しいからって、ここで録画停めてたの忘れてたのは、「中の人」でしょっ!?
わたし悪くないもんっ!


#む~~~っ
#・・・・

#ごみんちゃいっっw

人のこと言えないわよねっw
#(^^ゞ
#ごめん~~~っ





















で、このあと、どうなったかというとですね・・・
#そうそう
#ちゃんと説明しないとねっw

(^^ゞ







最初の一撃にしろ、そのあとのライトニングにしろ、思ったよりもダメージが少ないんです。
「超越」するには、たしか 4 桁ダメを喰らわないといけないはず。
ぜんぜん足りません。
まあ、即死コースなのは確かですけど、まだ 3 桁なんです。

うみゅ~?
どゆこと??
#さはっ?w

さはって、貴女っw
リサーチしてくれてたんぢゃないの?
#うーん…
#ここに入っちゃえば、なんとかなるもんだとばかり
#(^^ゞ

も~っ
役立たずっっw
#(^^ゞ





仕方ないので、外の Roo さんにお伺いを立てます。






すると、どうも固体によって使う攻撃が違うらしいんです。

クローカーさんはライトニング。
しかもチェーンキャスティングらしいです。
#師匠と同じかっw
#すごっw

そして、ホローナイトさんは、アローリボルバーを使うそうです。
うはっ AR 持ってるのかっw
いいな~~~っ
わたしも早く欲しいよ~~~っw


そして、本命はやっぱりゴーストさん。
ゴーストさんはファイアーボール持ちですっっ!

つまり、あの、どっかーーん!
ってやつを喰らえばいいわけです。




うーむ。
でもさ~?

ゴーストさんだけ上手く釣ってくるなんて、



・・・むりぽっw


#だよね~~~っw





教壇のほうに移動して、弓でマグナムをぶち込んだりしてみましたが、てんでダメージになりません。
うはっw
強すぎっw

ゾンビさんみたいに、ナチュラルシールド持ってるのかしら?

おまけに、どれもすごい索敵範囲で、あっという間にタゲられます。

かなり隅にいたつもりでも、あっというまに…



ちーん♪




ぐはっっw
だ、ダメだよ、これっw





あっちにウロウロ、こっちにフラフラといったりきたりしながら、
どうにかゴーストさんだけを連れてこれないか試行錯誤しますが、
てんで上手くいきません。



むー。
まいったな~っ

さっきまで、90% を越えていた EXP が、既に 30% を切る勢いで減ってます。
ひーんっ
結構レベル上がってるから、EXP きついのにっw




これは、腰を落ち着けて、じっくりといい配置になるまで待つしかない感じ。
しかたないっ
こうなったら根競べだっ!
#うむっ
#でも、寝オチないようにねっw

あいっ (^^ゞ













と、最初の中央の机あたりまで戻ってくると・・・






お!?








どこかで見たような火の玉が・・・






Σ(@っ@ノ)ノ

FBL きた~~~~~~っっっw





















どっか~~~ん!













即死。w
マグロ一丁♪


さっき矢をぶち込んだゴーストさんが、
いつのまにか机の奥まで侵入していたのです。

これは、棚からボタモチっていうか、
机から FBL っていうか、
超らっき~~~♪
#おめでと~~~っ


・・・って、

ん?
#ん?

ありり?
#どしたん?

「超越」取れてない??
#Σ(@っ@ノ)ノ
#えええっw

なんで??
#さ~?w







Roo さん曰く・・・

「ライフが半分以上ないとデッドリーにはなりません」




あうっ
○| ̄|_




わたし、たしかに瀕死でしたっ
(^^ゞ






むむむむ。
そうだったのかっ
大失敗だ。




すかさず、包帯巻いて、らいぴ~を飲みまくり・・・

うむ。
これで半分は超えてる。

おしっ

もう一度っ
#がむばっ (≧∀≦)b












さっきのゴーストさんの側に・・・



そろーりっ
そろーっ




ゴーストさーん?
もしもーしっ?



こっちよ~?


ほらっ!
かぁいい乙女がいるよ~?
#あのねっw


美味しそうよ~?
#おいおいっw



やるなら、一気にやってね~?
#うむっw
#そう願いたいねっw




!!!


き、きた~~~~~っ





迫り来る火の玉っ


ずこ~~~ん!






(≧∀≦)b

やり~~~~っ!
「超越」げぇ~~~~っと!




#さあっ!
#こんな怖いとこ、
#はやく出るのよっっ!

うんうん!

もう、絶対こないわっw
#うんうんw



そりでは、幽霊さん、
さいなら~~~~~っ

もうきませ~~~~んっ
ごきげんよ~~~~~っっ





すてててててててっ






息を切らせて舞い戻った図書館の外では、
Roo さんとルーワンがアクビをしながら待っていました。w


ただいま~っw

取れたよ~~~っ
タイトルっ!

(≧∀≦)b












うーむ。
しかし・・・

#なに?


調子にノって、クルクっちに何枚も買ってもらった残りのチケはどうしよう?
#(^^ゞ
#さは?





うーんとさ、Roo さん。
いってくれば?
チケあるよ?w

こわいよ~~~っ?
おもしろいよ~~~~っっ!?w



あ、そですか…

丁重にお断りされました。

まる。
スポンサーサイト
コメント

コメントありがと~~~っ

コメントありり~♪

>本人必死なのは分かるのですが、爆笑させてもらいました♪
ぐぐぐっw
・・・。
楽しんでいただけてなによりですっw

>めちゃくちゃ怖そう
いや、マジ恐かったですっ
最初のムービーも BG 決まってて、かなり怖かったんですけど、一発食らって死んぢゃってからは、あまりのあっさり感にダブルで恐くて(^^ゞ

>怖がりな人がよく似合う
似合いたくないんだけどな~~~~っw

臨場感ありすぎ!

うわわ、超負傷して泣きながら逃げるポルナさんかわいい><b
本人必死なのは分かるのですが、爆笑させてもらいました♪
まだ行ったことないけど、めちゃくちゃ怖そうな場所ですねー
やはり怖い場所は怖がりな人がよく似合う。
おつかれさまです^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。