スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[G2-09-7] シナリオクリア

小さな胸(うるさいっw)の中で、猛抗議して暴れまくる心臓を無視して、
ダンジョンを疾走するポルナ。

あれから何秒経ったでしょう?

リダイアさんは無事でしょうか?

あの数のスケさんと、エスラスを同時に相手にするなんて・・・
いくら優秀なパラディンであるリダイアさんでも、
いま、あの足では・・・

控えめな胸(おだまりっっww)で、絶望しまくる自分を奮い立たせ、
最後の角を曲がり、扉の中に飛び込むと・・・





おまたせしましたっ
「シナリオクリア」
どうぞっ




!!?
えっ?

G2-09-7 シナリオクリア01


意外にも、そこには、最後の記憶のままの、リダイアさん、エスラス、そしてスケルトンたちが待っていました。
そう。

文字通り、待っていたのです。

わたしが戻ることを。



くっ・・・


悔しさに涙が滲んできます。
冷笑するエスラス。
あからさまにナメられているのがわかります。


(そう・・・)
(お楽しみってわけ?)


それでも、わたしは、怒りに我を忘れることはありませんでした。
心の・・・いえ、どこかよく知らなかった未知の感覚を通して、
白狼さんが語りかけます。

必要なら私を呼ぶがいい・・・



(いまに見てなさいっ!)
(さっきのようにはいかないわよっ!?)


なんとなく思い出していました。
異様に、そして一瞬で満たされる膨大な魔力、スタミナ。
そして驚異的な生命力。


光の騎士。


底知れないその能力(ちから)が、
今は、わたしと共にある。

(そのナメきった偉そうな顔を)
(いつまで続けられるかしらねっ)


狼さんっっ!
おねがいっ!!
きてっっ!


G2-09-7 シナリオクリア02

G2-09-7 シナリオクリア03



また、微かに、白狼さんが微笑んだような気がしました。
満ち溢れる力。
いつの間にか装着される輝く鎧。


エスラスの顔が、微かにゆがみます。
でもそれは、後悔でも、恐怖でもなく。
待っていましたというような、歪んだ微笑。



(身構える余裕はあげないよ)

これ以上ないというスピードで照準し・・・

G2-09-7 シナリオクリア04


渾身の初撃。

G2-09-7 シナリオクリア05


吹き飛ぶオバサン。






!?
くっ


しかし、それは、相手にとっても「想定の範囲内」だったのでしょう。

#む~w
#そこはかとなく、ムカツクわねっw
(おだまりっw)


まるで読みきったかのように、見事に矢を交わし、
急接近するオバサン。


くっっ!?
読まれてるっ!?



最小のタメから繰る出されるヒネリの効いた
アッパーカット。

G2-09-7 シナリオクリア06


なっ!?
かはっっ


一瞬のひるみに呼応するかのように、
奇妙な体術で絶妙な距離を取るエスラス。

!!!?
そ、その動きはっっ!


伝説のジャン拳(はいっ?w)の流れを汲むという・・・(ぇ


G2-09-7 シナリオクリア07


にゃん拳っっ!?

#はぁあ~!?w (^^♭

G2-09-7 シナリオクリア08


瞬時に体位を入れ替えたかと思うと、

G2-09-7 シナリオクリア09


左のアッパーが
体勢の整わないわたしを襲う。

G2-09-7 シナリオクリア10


豪快に舞い上がる身体を
再度捻り込み・・・

G2-09-7 シナリオクリア11


コンボのストレートが・・・

G2-09-7 シナリオクリア12


ここぞというタイミングで、
クリティカルに決まるっっっ!

G2-09-7 シナリオクリア13


なすすべもなく、
宙を舞う身体。


ぐぶほっっ







(うぐ・・・)

それでも、
わたしだって、ただやられていた訳ではありません。
一打一打、ダメージを冷静に読み・・・
慣れない能力を推し量り・・・



いけるっっ
タフなのは、貴女だけじゃないってことよっ


着地時には矢をつかみ・・・
転がった姿勢から跳ね起きつつ、
流れるように照準し、

ゼロ距離から、
瞬間的に放つマグナム。



はっっ!!


G2-09-7 シナリオクリア14


ずしゅん!


G2-09-7 シナリオクリア15


小気味良い音と共に、
相手のミゾオチに狙い通り決まった矢が、
否応無くその身体を、
放物線を描く軌道に吹き飛ばす。


間を置かずに照準しつつ、
矢をかいくぐり接近しようとするエスラスを、
絶妙に壁際に誘導して、


(かかった!)

G2-09-7 シナリオクリア16


マグの連撃。

G2-09-7 シナリオクリア17


「ウッ」
跳ね飛ぶオバサン。

おかえしよっっ!



それでも起き上がり、
急接近するエスラス。


さすがに、弓相手にのんきに詠唱しまくるほど
バカではなく・・・。

ギリギリまで引きつけて、
80% のギャンブル。

G2-09-7 シナリオクリア18


再度跳ね飛び、
壁際で体勢を整える瞬間に・・・


(この距離で止まった貴女の負けよ・・・)

悪いけど、

80% を超える照準率。

おしまっ

まさに、オバサンが動き出そうとするその瞬間

G2-09-7 シナリオクリア19


いっっっ!
















(お、終わった??)












(よね?)
























尽きるライフ。

沈黙するエスラス。


さすがに虫の息ではあるものの、絶命するには至らず・・・

G2-09-7 シナリオクリア20



とどめを刺すのをためらうわたしの目の前で・・・

ひとりごちるエスラス。

G2-09-7 シナリオクリア21



(え?)
#え?w
































・・・・。




オバサン・・・
目わるいの? (∂_∂)?





#しっかり


#パラディンでしたが何か?



G2-09-7 シナリオクリア22



#きいちゃあいねえっっw
・・・・・(^^ゞ


G2-09-7 シナリオクリア23



と、まるで煙のように、
その姿が掻き消えて・・・


!!?
え?
#あやっ Σ(@っ@ノ)ノ


G2-09-7 シナリオクリア24



んぐっ

・・・・。


はあ、はぁ・・・



急に、息が切れるわたし。


いつの間にか、スケルトンたちも姿を消して、
呆然とその場に立ち尽くすわたしたち。







と・・・?

G2-09-7 シナリオクリア25


まばゆい光の爆発とともに、

G2-09-7 シナリオクリア26


漆黒の羽を舞い飛ばしながら、
女神さまが現れました。


!!
め、女神様っ!


G2-09-7 シナリオクリア27



あ、
わ、わたし・・・

G2-09-7 シナリオクリア28


え、
あ、

も、
もちろんですっっ!

でも、あのっ
あのっ・・・



ルエリさんの一件をどう伺ったものか、
心の整理が付かないで躊躇するわたしをよそに、

心なしか曇った口調で続ける女神様。

G2-09-7 シナリオクリア29




G2-09-7 シナリオクリア30


ダークナイト。

(うーんと・・・)
(モルガント??)
(あれ?)
(ダークロードだったような・・・)











ダークだから・・・














ネクラな騎士さまっ?















すぱこんっっ!


#GJ!w


あいたっっ!?
だ、だれっっ!?




背後で、カサカサっと紙ズレの音。

えーと、その・・・
リダイアさ・・・

後ろに回してる右手はなに?w
#(^^♭







と、
何事もなかったかのように
続ける女神様。

G2-09-7 シナリオクリア31


#GJ!!モリアンっw(ナニ

G2-09-7 シナリオクリア32


例のごとく、
光とともに、
立ち去る女神様。


・・・・。

暗闇が・・・
覆うとき。



そう。
確かに、オバサンの企みは防ぎました。

でも、忘れてはなりません。
光の騎士を目指した理由。

キホールの謀略。
魔族の軍勢。
そして、
ダークナイト。


暗黒の騎士・・・?


モルガントの言葉が蘇ります。
「俺がその怒りを力に換えてやる。」
「この世を罰することができる能力を…。」


これは、始まりに過ぎないのね。
光の騎士の・・・。

パラディンの力を手にしつつも、
大口を叩いて切った啖呵と裏腹に、
当然の疑問が覆いかぶさります。

はたして自分に・・・
わたしに・・・
エリンを護る力などあるのでしょうか?











「奢るなということさ・・・」
白狼さんがつぶやいたような気がしました。

うん・・・。


ルエリさんの言葉が蘇ります。
「…忘れない。絶対にな…。」

・・・。


リダイアさんの優しい笑顔と裏腹に。
わたしの心は、なかなか晴れませんでした。






G2-09-7 シナリオクリア33

G2-09-7 シナリオクリア34

G2-09-7 シナリオクリア35

G2-09-7 シナリオクリア36

G2-09-7 シナリオクリア37

G2-09-7 シナリオクリア38

G2-09-7 シナリオクリア39

G2-09-7 シナリオクリア40

G2-09-7 シナリオクリア41

G2-09-7 シナリオクリア42

G2-09-7 シナリオクリア43
















ついに光の騎士となり、
あぶなげながらも、その能力の一端を使いこなし始めたポルナ。


しかし、いくつかの疑問が残ります。
彼女の不安とともに。

ルエリさんはどうなるのでしょう?
光の騎士は、彼女だけなのでしょうか?

まだ女神様はなにも語ってくださいません。








とにもかくにも、
これで、ジェネレーション2のシナリオが終了です。
(*^^*)

永らくの応援ありがとうございましたっ!
(≧∀≦)b

シーズン3が開幕直後ということで、次のジェネレーションまでは暫く間があるようです。

手にした能力を余すところ無く発揮して、

鉱石掘りに、
#え?

麦刈りに、
#ええ?

モロコシ刈りにっっ
#はい?w

紡織に、精錬に、裁縫にっっっ
#あの~?w

まい進するポルナをっ
#おいっw

これからも応援してくださっっ (>_<)ゞ
#ダンジョンは~~?w
#ARは~~~っっ!?w

(>_<)ノシ
#もしもし~~~っっ?w
スポンサーサイト
コメント

おお!ぐっどあいであっっw

>第1話からタイトルをリンクでまとめたページ
それいいっ!
うんうん!

早速つくっちゃうよっw
うんうんw

>最後の連続SSは録画したのかな?
ああ、そうですっ
さすがに、ボス戦とかはSS撮ってる余裕がないので、
カハマルカの瞳?でしたっけ?
あれで、録画しました。

ポルナさん おつかれさまw

これ第1話からタイトルをリンクでまとめたページを作っておかない?
絶対おもしろいw

最後の連続SSは録画したのかな?
SSなら戦闘中に取るのすっごく大変な気がする。

以上、光の戦士Rooからでしたw
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。