スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[G2-04-1] 女神の助言


うーん。
うーん。

もう食べれませ~ん。(つA`)



ラルナ:くすくす
チルナ:うぷぷっ
ラルナ:どんな夢みてんのよっ
チルナ:(こくこくw)


うーん。
シェーナちゃーん・・・
もう、無理だってば~ (つA`)






そう。
マハのレストランで、考え事しながら食べてたカレーライスが美味しくて、ついつい食べ過ぎちゃった(笑)次の朝でした。


女神さまが、助言しに来てくださいました。



そ、そうなの?
このままでいいの?
・・・。
さらなる修練・・・。
うーん。
うーん。
お腹いっぱいです・・・。
#おいおいっw



精霊さんの加護・・・。
騎士ルーさん。
かっこよかったな~。


!?
タルさん?


精霊の力か・・・。


うーん。
うーん。


・・・。
はっ!?


ラルナ:お?
チルナ:お??

ラルナ:くすくす
チルナ:おはよ?w



・・・・。
うー。
お、お水くれる?

ラルナ:ほいっ
チルナ:昨日そんなに食べたの?

ラルナ:女神さまきたの?
チルナ:そんなに美味しかったの?

ラルナ:なんだって?
チルナ:あたしも食べたい・・・

ラルナ:(がすっ!)
チルナ:(つA`)

・・・・。

ラルナ:で、なんだって?



うーんと・・・。
タルさんとこ行けって。
精霊さんの加護が必要だって・・・。

それと、いつも見守ってますって。


ラルナ:・・・・・。
チルナ:?

ラルナ:つまり・・・、
ラルナ:食べすぎで情けないことになってる
ラルナ:ポルナっちに業を煮やして
ラルナ:助言してくださったと・・・
チルナ:(こくこくw)



うー。
そ、そうなのかな・・・?
(反省)

ラルナ:でも、まあ、よかったじゃん
ラルナ:次が決まって。w
チルナ:(こくこく)

うー。

ラルナ:ほらっ
ラルナ:朝ごはんできてるよ?
ラルナ:顔洗っといでっw
チルナ:(もぐもぐ)

うーん。
そうする~。
(ごそごそ)

ラルナ:さっそく出かけるんでしょ?

うー。
そおね。
いってくるよ。

チルナ:!
チルナ:カレーライス食べ行くの?

ラルナ:(がすっ!)
チルナ:(つA`)


・・・・・。(^^♭




久々にたずねて来たポルナに、
タルラークはパラディンの鎧について話して聞かせます。

ポルナのパラディンへの道も、いよいよ佳境。
彼女は新たなヒントを得ることができるのでしょうか?



次回。「パラディンの鎧」。
両断せよっ!グラディウスっっ!!
#うーん、それも持ってないんだけどな~?w

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。