スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[G2-01-1] パラディン

イメンマハに着いて、とりあえず街を見て回ったポルナ。
しかし、肝心の「光の騎士」についてはまだ何もわかっていなかったのです。
早速聞き込みを始めるポルナですが、まず最初に行ったところといえば・・・・


光の騎士のこと以外で、イメンマハでもっとも関心があることと言えば・・・
そう、ネイルさんですっ (笑

ラルナっちがあれほど入れ込んで貢いだ人が、いったいどんな人なのか、そりゃあもう、興味津々なわけです。

昨日、広場を回ったときに、広場にいる、アシ(?)をくわえたお兄さんがそうだって、花屋の女の子から聞いてあります。

今日はまず、ネイルさんにお話を伺ってみることにします。

あの~?
すみませんっ!
は、初めましてっ
ね、ネイルさんですよねっ?

あ、あの、わたしポルナっていいます。
えーと、ちょっと前にネイルさんとこに通ってたラルナって娘覚えてます?
うんと、髪はアッシュブロンドで、眼はワイン色で、肌はわたしよりちょっと明るくて・・・
どんくさい娘っ w

えと、ラルナとは、親友っていうか、幼馴染っていうか、中の人が同じ(爆)っていうか・・・
とにかく仲がいいんですっ
で、ネイルさんのお話を伺ってて、あれだけ貢・・・・いぇ、通いまくるほどの方ってどんな方かなぁ~?なんて、興味があって・・・(^^ゞ
あはははは。


初めは、妙な娘(笑)がきたぞって感じで警戒気味だったネイルさんも、話すうちに打ち解けてきました。
根は明るいおちゃらけた人だったんですねっw
なるほど、これならラルナと組んで漫才ができそうだわっ
#いや、自分を棚にあげるなってのw>わたし

記念にとか言って、一曲聴かせてくださいました。
ラルナがよく弾いていた、「ナオの子供たち」でした。
さすがにお上手で、たまーに音が外れてるラルナとは違いますね~w

演奏に聞惚れたところで、肝心の光の騎士について伺ってみました。

パラディン?
・・・・。
どこかで聞いたことあるような、ないような・・・。
・・・・。
あ、あの美味しそうな家畜・・・じゃなかった(笑)、看板で見た育成所とかいうやつかっ!
パラディンさんが光の騎士さまなの?
#なんでそうなるっ!?w

・・・。
ああっ、あはははっ
な、なるほどっ
いや、そうですよねっ?
わ、わかってますともっ、ええっ、完璧ですっ
(あ、あぶない。ボケ体質がばれちゃうとこだわ)

あ、看板は見たんですよっ
育成所ですか~。

クレイク隊長ですねっ?
ふむふむ。(メモメモ)

わっかりましたっ (>_<)ゝ シュタっ
ありがとうございますっ
であ、さっそくいっちきますっ
(>_<)ゝ シュタっ


北っていうと・・・わたしが来た方角よね。
ふーむ。
そういえば、小島に渡る方から、北に行く道があったな。
この前見た看板は西の方にあるようなこと書いてあったし・・・。
こっちから行って見るか。


もう夜になってましたけど、木々の間から明かりが見えます。
ふむ。
まだやってるのかしら?育成所。
・・・・。
とりあえずダメもとで行ってみよう。
クレイクさんいるかな~?


お、あの人かな?
いかにもって感じの鎧着てるしっ

あの~?
すみませぇ~ん!
こんばんわ~っ

(え?グ?クじゃなくて?)
(クレイなの?)

(っく。ネイルさん、訛ってるのかしら?w)
(あたしには「ク」って聞こえたのにな~?)
(まあいいや、そんなことは)

あ、えと、わたしポルナっていいますっ!
えーと、光の騎士・・・じゃなかった、パラディン?について伺いたいんですっ!
パラディンになるには、どうしたらいいんでしょうか?


・・・。
(うぅ~。ダメ出しされるとは思ってたけど・・・)
(いきなりか)
え、えーと、その、こう見えてもわたし、弓なら結構得意なんですっ
訓練とかだって、がんばっちゃいますっ
・・・・だめ?w


り、領主様っ!?
Σ(@っ@ノ)ノ
い、いきなりそんな偉そうな方に会うですかっ??
う、うーむ。
ドラクエの王様ばりにふれんどり~な領主様だといいけど・・・・。
あ、でも、いきなり旅人の服と木の棒持たされて、「ギブちん倒してらっしゃいっ」とか言われても困るな~?w
「死んでしまうとは情けないっ」とか100万回くらい言われそうっw

・・・ん?


わたしのぶっ飛んだ妄想など知る由もないクレイグ隊長が、怪訝そうな・・・いや、むしろ心配そうな顔でわたしを見つめていました。(汗

あ、えと、ありがとうございましたっ (^^ゞ
うんと、さっそく明日にでも領主様にお会いしてこようと思います。
それでわっっ (>_<)ゝ シュタっ

騎士団の敬礼がどういうのか知りませんけど、なんとなく しゅたっ ってしちゃうポルナでした。(笑)







で、その晩は、また例の小島で野宿♪
なんか気に入っちゃった。(^^ゞ

翌日もいいお天気。
ラルナは雷鳴ってたとか言ってたけど、連日快晴じゃん!

さっ!さっそくお城へ ご~~~っ♪


近くでみると、その城壁はまさにお城っ!
遠くから見ただけでも、ダンバより立派とは思ってたけど、間近でみると、その威圧感に押し倒されそうです。

城門の正面にすっくと立つかっこいい鎧の方が、クレイグさん言っていた近衛隊長さんでしょう。
さっそく伺ってみることにしました。

あの、すみませんっ
パラディンについて伺いたくて来たんですけど・・・・
えーとその育成所の・・・


ああ、実は、そのクレイグ隊長に伺ってきたんですっ
そうそう、その推薦状をいただくにはどうすれば??

また、「こんな小娘が?」みたいな顔されるかと思いきや、凛々しいお顔は崩しませんでしたけど、すんなり通してくださいました。
領主様は謁見の間にいらっしゃるとか・・・。
ふむ。

城内にもすんなり入れて、近衛兵さんたちも別に咎める様子もなく・・・・。
うーん、こんなんでいいのかしら?w
なんかとんとん拍子ね?
大丈夫かしら?w

まあいいわっ
トラブる前にさっさとお逢いしてこようっ

で、やってきました謁見の間。

やっぱり、いかにも偉そうな方の前だと思うと、舌がうまく回りませんっ
(^^;

(えーっと、どちらが領主さま??)

・・・・。
こ、この方かしら?
で、でも・・・なんか・・・頼りない??w
やっぱりこっちのいかにもな女の方かな?

いえ。やっぱりこの頼りなさげな青年が、領主さまだったのです。



そして、その横のいかにもって感じの女性が・・・

うーむ。
なんか・・・・このパターンは・・・。
お坊ちゃまな権力者を影で操る黒幕って感じ?w
・・・・ま、でもあたしの第一印象って、おおはずれすることあるからな~?w

ああ、そんなことは、この際どうでもよろしいっ。
いまは光の騎士・・・パラディンよっ、パラディン!


あの、えと、ぱらちん・・・じゃなかた、パラディンについてお聞きしたいのです。
わたし、光の騎士になりたいんですっ
いえ、ならなきゃいけないんですっ
で、その、領主様に推薦していただかないと、その、訓練が受けられないって聞いて・・・


・・・。
え、か、神の代理人??
・・・、なんか話が食い違ってるような気がしないでもないけど・・・。
女神様、そんなこと言ってたっけかな?


う。
うー。
忠誠ね~?
このお坊ちゃま然とした方に??
うーむ。

正義については、まあいいわ。
ちょこっとズルしたこともあるけど、概ね正義を応援しちゃうわっ!

自分自身を犠牲に・・・。
うーん。
なんでも犠牲にすればいいってもんじゃないと思うし、すぐに自分を犠牲にするようなのかっこよくないと思うけどなぁ・・・。
こう、なんての?
自分を大事にする人が、自分を犠牲にしてまでして守ったりするから価値があるのよっ!
うんうん。
#って、いつもお姉さまに憧れて
プチ修羅っぷりを曝けまくり~の
#死にまくり~のしてる
#自分が言っても説得力が・・・w



へ?
えと・・・財産って??w

忠誠心は?
正義は?
犠牲は???w

話が見えないっていうか、極端に違うよな気が・・・そこはかとなく・・・・w



げ・・・。
えと、い、今っ?
そんなに手元にあったかな?w
てか、払っちゃっていいのかしら?
新手の振り込めなんとかじゃないわよね?
いやいやいやいや、領主さまに限ってそれはないだろ。
うんうん。

うー。
でもな~?
なんか納得いかないっていうか・・・・



えと、いまじゃなきゃだめでしょうか?その・・・

え?あ、その、そうじゃなくて、あの・・・

あ、はいっ
も、もちろんですっ
えと、銀行いってきますっ
すぐきますっ




・・・とは言ったものの、なんとなく納得できずに悶々としつつ向かう銀行への足取りは重く・・・。

そして、女神様の声と、ギブちんとの死闘の記憶がよみがえってきました。
焦燥感にも似た落ち着かない感触が、背中をはいずるようでした。

そうだった。
あまり時間はないかもしれないんだ。
こんなとこでグズグズしてちゃだめだっ
そのくらいのお金、バイトしてすぐに稼いでやるもんっ!
無駄になんかさせないもんっ!

よしっ
決めた。
お金払って、推薦状書いてもらおうっ!




こうして私は、領主様の推薦状を手に入れることができました。

うーん。
でも、冷静に考えると、やっぱり変よね~?
言うこととやる事が一致してないわよっ!
神の代理としてどうのこうのとか、正義とか・・・。
お金で解決しちゃってるじゃないかっ!

育成所に向かう中、だんだん腹が立ってきました。
ぐつぐつぐつ。

やっぱり納得いかないわっ
・・・・。
う~。
でも、そんなことにかまってグズグズしてる場合じゃないわよね。
隊長さんはいい人で誠実そうな感じだったし、訓練はちゃんとしてくれるんだろうし。
そうよ。
領主さまがどうかしらないけど、まず、わたしががんばらなくちゃっ
なんたって騎士だもんっ
つおくなきゃねっ!
うんうんっ!




なんとかグズる自分を納得させて(笑)、パラディンへの道を歩み始めたポルナ。
パラディンの修行とはどんなものなのか?
はたしてポルナは上手くこなすことができるのでしょうか?


黒く光る鉱石。
どこからか響くLBキャスト音。
バリの深奥にみる敵はっ?

次回。「実習コース」。
ほとばしれっっ!ライトニングボルトっっっっ!
#いや、ポルナLB持ってないからっ
#キャストしてんのインプだからっw
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。