スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[G1-17-3] 召還されし者





あ!・・・ここは・・・。
見覚えのある薄暗い場所。

その中央に静かに佇むのは・・・。
そう、女神さま。

!!



ああ!・・・
ああ!女神さまっ!

#いえ、他意はありません。
#どこぞのコミックのタイトルとは
#無関係ですっ(笑)
#あれも、大好きですけど。w

女神さま・・・。(;_;
ご無事で・・・。(T_T
うう。ぐすっ
ぐすっ
よかったよ~~~~!(T_T
くすん。

やりました!
やり遂げたんです!
女神さまをお助けすることができたんです!

やったよ!わたし!
えらいっ!わたし!

祝!女神救出!



もう、浮かれてその場を駆け回りだしそうなわたし。
やさしげな表情で静かに佇む女神さま。
わたしの興奮が収まるのを待ってらっしゃるかのようです。
・・・そして・・・こうおっしゃいました。


・・・う。



そうだった。
まだ終わってなかったんだ・・・。

考えまいとしてきた現実が、ひたひたと忍び寄ってきます。


そうです。
女神さまが、夢を通してまで助けを求めた理由。


女神さまが助けたかったのは、もちろんご自身ではなく・・・。
石になってまで救ったエリン。
そう、女神さまが助けたかったのは、やっぱり今もエリンなのです。

燃え盛るエリンのイメージがよみがえってきます。
自分が焼かれるかのような感覚。
女神さまの感じてらっしゃる、すぐこその未来。
それでも、まだ確定したわけではないゆらぐ未来。


・・・・・。
女神さまを助けた喜びが、急速にしぼんでいくのを感じました。
身体を駆け巡った安堵と興奮が、次第にドロドロした恐怖に置き換わっていきます。

うんと・・・。
あの、女神さま?
その、たしかにわたし、女神さまの声を聞いて、ここまできました。
ガゴさんにはやられちゃったけど、たどり着きました。
でも・・・・。

熊さんも怖くなくなってきましたよ?
ゴレさんやっつけたこともあります。
オーガさんだって倒しました。

でも・・・。
あれは・・・。
ギブネンは・・・そういうレベルのもんじゃないでしょう?

あ、あたしなんかじゃ・・・。
ダンカンさんに聞きました。
本も読みました。
たくさんの人が立ち向かって・・・ぜんぜん歯が立たなかったって・・・。

どうやって?
防ぐっていっても・・・あんなのどうすればいいんでしょう?

その。
わたしだって、なんとかしたい!!
でも、でも・・・。
ここまでくれば、なんとかなるんじゃないかって思ってました。
なにか方法がみつかるんじゃないかって。

女神さまは自由になったけど。
でも、ギブネンは・・・。
・・・・。

オロオロするわたしを、それでも静かに見守る女神さま。
わたしの混乱と恐怖が落ち着くのを待っているかのよう。

困惑した頭が次第に穏やかになっていきます。
女神さまのお力でしょうか。

女神さまが、静かにおっしゃいます。


え?彼?
え?ギブちんの意志?分離?
人間の体って・・・。
え?

またもやパニックになりかけたわたしの意識に、イメージが流れ込んできます。

・・・!
あ!この人知ってる!

たしか・・・ドウガルさん。
・・・・。

混乱しつつも、次第にパズルが合わさるように・・・わたしにも事情が飲み込めてきました。
他の世界から召還されるギブちん。
邪悪な召還者の意志。永い時間。そして膨大な魔力によって、封じ込められ、分離させられたギブちんの意志。
その意志のいきついた先が・・・。
なぜかここで、あの世で、唯一生存しているドウガルさん。

そういうことなのか。


ギブちんの意志であるドウガルさんなら、自分の身体であるギブちんをどうにかできるってこと?
・・・でも。彼も今はただの人間よね?
それに・・・わるいけど、わたしでも勝てちゃいそうな感じだったような。


道は示されました。
でも・・・。
まったくどうにかなる気がしません。

いくら女神さまの頼みでも・・・こればかりは・・・。
ここまで、やっとの思いで、みんなに助けてもらって、たどり着いたけど・・・。


そうだった。
わたしは、一人じゃないんだ。
心強い仲間がいるじゃん!
いままでだって、そうしてきたじゃん!
力をあわせて、乗り越えてきたじゃん!




永い間、自分ではどうすることもできない状況で、待ち続けた女神さま。
絶望するでもなく、投げやりになるでもなく・・・ただ信じて待ち続けた女神さま。
その女神さまの希望は、わたしに、わたしたちに託されました。
そして・・・正真正銘!モリアンの祝福。


びくびくと、こそこそと逃げ隠れしていた勇気が、ちょっぴりずつ戻ってきます。

わたしだって、エリンを守りたい!!


涼しげにお魚さんが泳ぎ回る小川。
キツネさんと鶏さんが飽きずに喧嘩してる野原。
羊さんが迷惑そうに毛を刈ってもらってる牧場。
狼さんたちが、我が物顔で縄張り争いしてる草原。
熊さんたちが楽しげに遊んでる森。
妙に嬉しげな雪だるまさんと徘徊するコヨーテさんがいる雪の森。
陽射しに輝くきらめく山脈。
うろうろしてスケさんがいつの間にかお弁当屋さん開いてる遺跡。
人間め!とかいいつつ微妙にオトボケなコボさんたち。

あんなに楽しいきれいな世界を・・・・


ダンカンさんの顔が浮かびます。
ナオさんの笑顔。
いたずらっぽいえくぼでからかうベビンさん。
太ってる??なんて気にしてるケイティンさん。
いつも明るいノラさん。
ディリスさん一途なトレボーにいちゃん。
なぜか憎めない破壊神。
通りかかるといつもくだらないギャグ合戦になっちゃうトレイシーさん。

いつもクールなネリスさん。
娘さん思いのバルターさんに、本のムシなメガネガール。
まっするバカって陰口たたかれてもめげないマヌスさん。
数え切れないほどもらってるはずのプレゼントをどこにしまっとくのか不思議なスチュアート@いけず先生。

遺跡で働くお父さんのプレゼントに大喜びした、吸い込まれそうな瞳の持ち主ショーン君。
これまた失敗しても憎めない健康的なエイレンさんと、質実剛健なアイデルンじいちゃん。
いつも儚げに村を眺めるイビーちゃん。


たくさんの男の子を虜にするワイン色の魅惑的な瞳を思い出します。
あの二人の結末だって見てないわ。


そして、そして・・・
エリンで出会ったたくさんのお友達。


こんな素敵なエリンを燃やしちゃうなんて・・・
許さないっ!
許すもんですかっ!
焼かせたりなんかしないっっ!
そおよ!
守ってみせるわっ!

やってやるわよっ!

そうよ!
身に着けたすべての技をお見舞いしてやるわっ!
中の人が抜けてる化け物なんかに負けるもんですかっ!
#いや、微妙にちがうよ。それ>あたし

切り札だってこっちのものよっ!
とくと味わいなさいっ!
覚悟しるっ!

その名も・・・・



















ねくそんまじっく!


#こ、ここまでシリアスに引っ張っといて、
#このタイミングで落とすのね?w
#それに、それ、逆に不利だから。w

#こ、この娘は・・・
#この娘は・・・ほんとに・・・w



まったく根拠のない妙な自信に満ち溢れる天下のお調子娘ポルナ。
はたして、彼はそんなポルナたちを本当に助けてくれるのかっ?

降りしきる雨と、暗黒に染まった空が、ギブぢんの復活を告げるっ!
彼女が見るのは希望の光か絶望の稲妻かっ!?

次回。「エディットソウル」
君も星の叫びを聴けっ!!

#ぱくったのね?ついにぱくったのね?w


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。